オレンズのマーケティング分析 オレンズとデルガードはターゲットが異なる?

オレンズもデルガードも、ターゲットは、「芯が折れないシャープペンを求める人」

以前のクルトガの記事で、クルトガは、「疲れにくさ」のみを追求するシャープペンシル市場に、「疲れること以外にもにも、不満はある」という新たな気づきを与え、新たな市場の構造を作り出したとお話ししました。

 

今回ご紹介するオレンズやデルガードも、クルトガの製品開発に対する姿勢を引き継いでいる製品と言えます。筆記に対して消費者が感じる不満は、「書いていて疲れること」以外にも実はたくさんあることに、クルトガのヒットで気が付いたからでしょう。

 

両メーカーが探求した結果発見した不満は、「筆圧をかけると芯が折れる」というものです。ゼブラさんの調査において、多くの人は、芯が折れたり詰まったりするときに集中力を欠くということもわかっています。

71ENlnRqVIL._SL1378_
シャープペンの芯折れによる集中力への影響:https://www.zebra.co.jp/press/news/2015/0109.html

 

ところで、ここで個人的な考えを述べると、「芯を折りやすい方」には、共通点があると僕は考えています。それを、以下に記します。

⑴正しい持ち方で書いていない

⑵斜めにペンを持つ(芯に負担がかかりやすく、相乗的に折れやすくなる

⑶筆圧が強い(正しい持ち方でないと相乗的に強くなる)

 

筆記具の比較を自由研究で行うくらいの筆記具が大好きな僕は、人が書いているときの持ち方にも興味があり、中学生の頃からよく見ていたのですが、正しい持ち方をしていない方は、女性の方が圧倒的に多い印象です。ボキッと折るのも、女性が多いと思いませんか?

 

要は、⑴〜⑶は掛け算で折れやすさを表現でき、これらの多くを満たす人は女性であり、ターゲットになるのです。ぺんてるさんが、同じように考えていたかはわかりませんが、「芯を折る」=「女性」という発想には、僕自身はクルトガのときと同じくらい納得してしまいました。

 

オレンズのターゲットは、「細かくノートを取りたい人」でもある

オレンズがさらにあからさまなのが、発売をしたのが0.2の芯径のものだったということです。細い!!つまり、字が潰れてしまうことを防ぎたい人をターゲットにしていると思われます。

 

字を小さく、綺麗なノートを取りたいと思う・・。そう、おそらく、男性よりも、女性の方が多いのではないでしょうか。

 

つまりオレンズは、初めから猛烈に女性にアピールしていたのです。

 

「オレンズは」、女性にフォーカスしていた。そして、それがしっかり伝わっていた。

これが伝わるのは、パッケージデザインとカラーバリエーションです。

パッケージデザインですが・・

IMG_1123.jpg

オレンズの方が可愛らしく、デルガードの方がスタイリッシュです。

 

またオレンズは、初めに出した5色を、明るいカラーで揃えて、トーンの強い色を避けています。

 

スクリーンショット 2018-10-31 12.02.04.png
オレンズ商品ページよりhttp://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/orenz/

 

一方でデルガードは、どちらかというと男女問わずターゲットにしているようなカラーです。特に、濃い青。これは男性向けなデザインな気がします。

 

また、デルガードの誇るデルガードシステムが裸で見えるところに、どちらかというとオレンズよりも機能美を感じる男性は多いと思います。クルトガを参考にしているのでしょうね。

スクリーンショット 2018-10-31 12.04.12.png
デルガード報道資料:https://www.zebra.co.jp/pro/del_guard/

 

また、デルガードに関しては、初めに発売した商品が0.5の芯径のものだったので、「ノートを細かくとる」人にフォーカスしているわけではなかったと考えられます。

 

 

オレンズは、現代にしては珍しいほど一貫した商品設計をしていた

クルトガもそうでしたが、こういった強烈なアピールが一貫して行われている商品は、現代において稀だと思います。オレンズは、そのペン先の技術に関して特許が申請されています。つまり、ぺんてるには研究開発に集中している技術屋がいるということです(どのメーカーにもいます)。

 

一方で、カラー、パッケージデザインの設計によって、その商品が誰の目に付いて欲しいのかが明確な企画をしたことも素晴らしい。技術屋と企画屋がちゃんと有機的に繋がっている組織ってレアだと思いませんか?いや、レアなんです。だって商品がその結果を物語っているのだから。

 

オレンズは、迷わせない

みなさん、専門知識がないものに関して、バリエーションが豊富なとき、どれが自分に合っているのか悩んじゃうことありませんか?それは、みなさんが欲しい商品の軸を明確に決めていないのもそうですが、商品がどれも似たことばかり謳っているということもあると思います。

 

そんなことが多い現代において、オレンズは、珍しいくらい「迷わせない」商品なのです。オレンズがもし人間だったら、紳士です。ジェントルマンです・・。

 

このオレンズの開発〜販売における一貫性は、自分含め多くのマーケターが学ぶことが多いと思います。ぜひ、ご自身の販売する商品に関しても、顧客を迷子にしないストーリーを作って欲しいです。

 

今回は以上です。次回は、デルガードに関してマーケティング分析を行なってゆきます!

 

デルガードの分析結果→こちらもどうぞ!

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする