「頭でっかち」と「考えなし」について考える。「頭でっかち」は、ほとんどの場合悪いことではない。

「頭でっかち」という言葉を、誰しも聴いたことがあるはずです。僕のブログを読んでくれるような考えることがお好きであろう方は、猪突猛進というよりは、考えて行動するタイプの方が多いかと思いますし、人生で一度は「頭でっかちにならないように」などと周りから言われたことがあるかもしれません。

 

僕は、自分でこれを言われがちな人間だと思っており、自分がそれになっていないかに常に注意しています。「論理的思考」という言葉に対して、いちいちこんな考えを書いている時点で、たぶん「頭でっかち」度が高いのだと思います。ただ、僕は、世間から言われる「頭でっかち」は、そんなに悪いものばかりではないと思っています。また、「悪い頭でっかち」と、「良い頭でっかち」があると思っています。

 

ゆえに僕が自分に問うているのは、「頭でっかちになっていないか?」ではなく、「頭でっかちが悪い方向へ働いていないか?」です。今回は、その違いと、違いを生み出す理由について考えてゆこうと思います。

 

「頭でっかち」は悪ではない?

まず、僕のスタンスを話しておくと、「頭でっかち」は悪いことではないと思っています。そもそも「頭でっかち」という言葉は、手が早い人、動き出しが早い人が、自分と比べて遅い人に対して言う場合に使われていると思われます。しかし、本当に遅いことが悪いのかと言うと、僕はそうでもないと思っています。

 

例えば、ある作業があるとします。それをAさんとBさんが行うとして、Aさんは今までのやり方で1時間かかるとします。一方Bさんは、まず30分、考えます。そしてその後、40分かけて考えた末に導き出した、新たな方法で作業をします。実際にかかった時間はAさんが1時間、Bさんが1時間10分で、BさんはAさんに比べて10分遅く終わったことになります。この結果を見てAさんは、Bさんを「頭でっかち」と思うのではないでしょうか。

 

しかし、Bさんが30分かけて考えた作業方法は、作業時間を1時間から40分にするものです。つまり、以後、あと1回でもこの作業をすれば、総作業時間はAさん=Bさんになり、それ以後はBさんのほうが短くなります。これが、仮に100人ごとをそれぞれが仕切っていたとすると、Bさんのグループは、100人×20分=2000分、Aさんのグループよりも人をうまく活用していることになります。

 

動き出しが遅いからと言って「頭でっかち」と言われることに僕が疑問を感じるのは、このためです。頭でっかちを悪いと判断すべきなのは、考える時間を使ったにもかかわらず、答えが出ない、前進しない場合、あるいは、その考える訓練すら長期的に意味を持たなかった場合です。そんな簡単に、「頭でっかち」を悪い、とは断罪できないように思います。



「とりあえずやってみる」は善なのか?

人の事を「頭でっかち」と呼びがち、あるいは思いがちな人が口癖にしているのは、「とりあえずやってみる」です。僕は、これにも良い悪いがあると思っており、「頭でっかち」と人を判断する人の多くが言う「とりあえずやってみる」には、「無策だけど」という前置きがあるように感じます。

 

「とりあえずやってみる」事は、世の成功者も語る言葉なので勘違いしがちなのですが、彼らは「こうなると、もしかしたらこうなるかもしれないから、」「とりあえずやってみる」という算段を立てて行動に移しているようにみえます。

 

代表的なのは、堀江貴文さんですが、彼は、「とりあえずやってみる」と言いつつも、「みなさんが思っている以上に、僕は情報収集していますよ」とも言っています。明らかに、無策で行動を始めていません。人と会って話したり、検索したりして、はじめに、「自分が何を検証したいのか」を決めてから手を動かしていると思われます。

 

「とりあえずやってみる」も、「頭でっかち」も、どちらか一方では不十分で、両方が備わっている必要があるのではないでしょうか。

 

一番センスがいいのは「勇気ある頭でっかち」?

どちらかだけでは不十分ならば、その両方を備えている必要がある。では、そのような人をどのように呼べばいいでしょうか。僕は、「勇気ある頭でっかち」とでも名付けようかと思います。

 

「勇気ある頭でっかち」は、まず、自分がやりたいことについて調べまくります。そしてある程度情報が手に入った状態で、今度は、どのようにやるのが良いのか、そのために必要なものは何なのか、どれをどのように手に入れるのか・・など、自分にとって具体的で、かつ実践的な方法論に落とし込んでゆきます。

 

実は、ここで「こうすべきである」と結論だけ出して終えてしまう事こそ、「悪い頭でっかち」だと僕は思っています。一方、「勇気ある頭でっかち」は、情報を集め終え、方針を決め、「やってみなければわからない」ところまできたら、行動に移す、というプロセスを踏みます。

 

そして、その行動の中でさらに経験という情報を得て、自分の方針を改良してゆく。この頭でっかちであれば、はじめこそ「とりあえずやってみる」派から「頭でっかち」認定されると思いますが、徐々に彼らを追い抜いて行けるし、そのうち、「頭でっかち」とは何か違う事にも周りから気がついてもらえるようになってくると思います。

 

「頭でっかち」が行動を起こす前に確認しておきたい3つのポイント

情報収集し、あとは「やってみなければわからない」ところまできたら・・と簡単に書いてはいますが、実はこの線引は結構難しいと感じます。

 

どこまで調べれば、何を調べれば、行動するに十分なのか。これを、情報収集しない時点で予想するのは難しいですし、情報収集だけするなら、それはそれで無限にやっていられます。

 

どのような状態にあれば、「頭でっかち」は、勇気ある一歩を踏み出せるのか、あるいは踏み出して良いのか。僕の中には、それを見分けるポイント、かつ、情報収集のゴールとしている状態があります。それを、以下に記します。

 

  • 検索や書籍では出せなかった答えを出そうとしている
  • 足も使って情報収取した(本、ネットだけでなく、現場、人からも情報を得た)
  • 仮説を複数持っている

この3つが、そのポイントです。上2つは、「本当に全部調べたのか?」ということです。これを怠り、さらに頭の中のなんとなくのシュミレーションだけで終えてしまうならば、歩き出すのには不安でしょうし、甘いとも感じます。

 

一方、調べて知っただけでは不十分で、「何を検証したいのか=仮説」を明らかにしなければ、行動をしても、そこから得られるものは少なく、長期的にも成長しないでしょう。「行動しろ行動しろ」といろんな大人が言っていますが、これは表現が不十分だと僕は考えます。正確には「試せ試せ」のはずです。「行動する=検証する」です。検証を伴わない行動は、ただの時間経過とそう変わらないでしょう。

 

経験とは、生きた、あるいはそれに携わった年数を言うのではありません。どれくらい実験を重ねたのか、その時間の事を言うはずです。

 

そして、何を試したいのかを明らかにするためには、やはり調べる事が重要です。

 

「頭でっかち」は、「頭でっかち」を活かしてとにかく調べ、仮説をつくり、それを試すような行動を心がければ、早い遅いの個人差はあるかもですが、勝手に成長するし、そのうち周りの評価も変わってくるはずです。

 

ちなみに、なぜ仮説を複数持っていたほうが良いかと言うと、視点を変えて考える癖がつくからです。一つしか仮説を持たないでいると、それの白黒で検証が終わってしまいますが、複数持っていれば、一つの行動からも様々な学びがあるはずですし、修正のスピードも上がります。

 

以上の3つのポイントが、僕が思う、「頭でっかち」の戦い方において大切にしている考え方です。

 

 

おわりに:まずは受け入れることから

最後に僕からお伝えしたいことは、「頭でっかち」であることを人から指摘されたり、自分で感じたりしても、それを無理に治そうとしない方が良いという事です。

 

「頭でっかち」であるという認識は、「勇気ある頭でっかち」になってゆけば自然になくなってゆきます。自分は考えて物事に対処できる、という自信もつきますし、周りからも、「無駄に考えているわけではない」と理解してもらえるときがきっとやってきます。考える習慣がつけば、考えるのに必要な時間も短くなり、徐々に「頭でっかち」と思われにくくもなります。

 

何より、仮説の検証はとても楽しいです。検証せずにはいられなくなります。こうなれば、どんな仕事でも割と楽しめます。

 

だから、焦らず、まずは「頭でっかち」を受け入れ、それをいきなり治そうとするのではなく、どのように活かしてゆくのか。悩める「頭でっかち」には、それを考えてもらいたいのです。

 

これを読んだ「頭でっかち」に悩む人が、それに自信を持ってくれるようになったら幸いです。

 

制作:ことばでブリコラージュ

提供:あたまのなかのユニバース

 




やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする