豊かな人生への一つの道筋 同じ映画を何度も見る人の心境と強み

皆さんは、同じ映画を何度も見ますか?あるいは皆さんの周りに、同じ映画を何度も見る人はいますか?映画でなくとも、アニメでも、漫画でも、本でも、絵でも構いません。

 

前は何度も見たけど、今はそうでもない、と言う人もいると思います。僕は、このグループに属します。

 

同じものを何度も見てしまう理由は、見るたびに、気がつく事があるから、ではないでしょうか(これだけが理由だと言っているわけではなく、いくつかの理由のうちの一つにはなるのでは?と思っています)。作品自体が好きなのは前提として、触れれば触れるほど、作り手の狙いとか、その作品の深いところまで自分の気づきが到達してゆく感覚が面白くてしょうがないのです。

 

例えば小説や漫画、それに付随するドラマやアニメなら、こんな感じでしょうか。1回目、ストーリーを知る。物語に感情が引っ張られ、意識は集中している。2回目、ストーリーは一通り知っているので、感情が引っ張られにくくなる。細かい伏線を知る。または、実はその後を暗示するポイントに気が付き、それを加味してストーリーを見られるようになる。3回目、人物像が立ってきて、一つひとつのシーンに無駄を感じられなくなり、作品内の全てに、しっかり意味があることを知る。そして、4回目以降、行間を自分で付け足してゆき、物語の世界観を広げてゆく・・

 

これらの体験は、自分の頭の中に、枠のないパズルを作り、それを広げてゆくようなものだと思います。そうやって作品の世界観を自分で広げてゆくのが面白いんですよね。

 

これを続けていると、そのうち1回目〜3回目くらいでやっていた事は、1回目で終えられるようになってくることに、最近気が付きました。今でも、気になった作品は2回は通しで見ます。以前は数えられないくらい何度も同じものを見ていましたが、それと同じくらいの事を、2回で済ませられるようになったようです。いつから自分は、言葉から、あるいは絵から、これほど様々なものを思考できるようになったんだと、不思議に思います。裏を返すと、過去の自分は、とんでもなく良い加減に世の中を眺めていたんだなぁ、とも思います。

 

そんな過去を悔いつつも、今、この技術(おそらく、世間では読解力と呼ばれている)のおかげで自信を持てるようになった自分を振り返り、一つ書き残しておきたい事があります。同じもの(本、映像、絵、と言うか、実はなんでも良い)を何度も見て、その度、新しい気づきが得られ、それが面白いと思える人たちへ。今の経験は、いつかは必ず、自分が何かを思考するのに役立ちます。周りの目を気にせず、何度も見て、誰よりも作品の世界観を作り込み、作品について語れるようになろう。

 

僕が知る限り、こういう風に自分で勝手に世界観を作ってゆける人は、人生を謳歌しています。日常に潜むいろんなものに対して、思考するのが面白いので、毎日飽きないのです。僕も、最近そういう人間になれたようです。変に肩肘はらず、ただ毎日何かに気が付き、書きとめたり、スケッチしたり。それを材料に、思考したり。そんな毎日が、幸せです。

 

読解力を、伸ばそう。日常に潜む面白さに、もっとズームしよう(このブログのコンセプト「日常を覗く顕微鏡」は、僕のその思いが由来しています。)。

 

・・・と、ここまでが、この記事の本論です。以後は、この読解力の正体について書いてゆきます。これを頭で理解することが、読解力を伸ばすスピードを速めると感じたからです。興味があれば、見ていってください。

 

読解力=知覚×論理

知覚とは、「気が付く」「認識する」という事です。一つの物事に対して、一つしか気づかない人がいる一方、たくさんの事に気がつく人もいるのは、この知覚の敏感さが関係しています。知覚というのは、その一つの物事を、自分の脳の別の記憶と繋げる事です。例えば、「この色は青」とか「これは、コップだ」とか、そんな認識です。これらは、それ(色、もの)が、その名前(青、コップ)で呼ばれる事を知ら(脳が記憶し)なければなりませんよね。

 

これは簡単な例ですが、実際は、これがもっと複雑です。例えば、最近ファミリーマートでは、複数のパン商品でパッケージが一新されました。この出来事を例に、知覚してみましょう。まず以前のパッケージを知っていれば、「パッケージが変わった」と知覚できます。また、ファミリーマートが度々パッケージや商品名を変えていることを知っていれば、「また変えたんだ」とも、知覚できます。さらに、パッケージのデザインを構成する要素(色、フォント、構成)を過去と比較までできれば、パッケージ変更の狙いまで洞察できます。などなど・・・。

 

知覚には、「その人が何を知っているか」が大きく関わっていることを理解いただけたと思います。ここで読解力へ話を戻すと、言葉についてどれくらい理解しているかが、読解力において重要なのです。

 

例えば、「てにをは」を一つとっても、「〇〇は高い」と言う文は、ただ「〇〇が高い」事を知れるだけでなく、「〇〇以外は低いのか?」とも想像させますよね。ただの「は」と言う助詞ですが、これについて知っているだけでも、文から様々なことを思考できるようになります。まさに、「助」詞。

 

論理は、聞き馴染みがある言葉かと思います。例えば「降水確率が80パーセントなので、傘を持ってゆく」の「なので」が論理です。この場合の「なので」は、ほぼ正しいですよね。論理とは、この「正しい=多くの人が納得してくれる」が重要で、つまるところ、多くの人が理解するルール(こうであれば、こうする)と言い換えられそうです。

 

上述のパッケージで例えると、セリフ体(明朝体など、字の太さにメリハリがあるもの)が「高級感」や「洗練」をイメージさせるという論理や、サンセリフ体(ゴシック体など、字全体で太さが変わらないもの)が「親しみ」や「安心感」をイメージさせるという論理を知っていれば、両者が入れ替わったとき、商品に対するイメージを、ファミマがどう変えたいのかがわかってきます。

 

もちろん、パッケージを見て、パッケージの絵と、自分の記憶するフォントに関する論理を繋げられなければ(知覚できなければ)、意味がないし、それは読解力についても同じです。

 

つまり、論理(知識)と知覚(気づき)は、どちらも互いに影響を与え合うスキルということになります。だから、掛け算になるのです。そして読解力を上げるとは、このどちらか、あるいは両方を伸ばす事と言えますが、ここで冒頭に戻ります。

 

あくまで個人的な経験談ですが、何度も繰り返し見たいと思うもの、つまり好きなものを、何度も見る事で読解力を上げられる、また、その構成要素である、知覚と論理を伸ばす事ができるということです。何度も見れば、ただストーリーを見るのではなく、自然とセリフの言葉選びや、その順序、人物の背景にも思考を及ばせる事ができるはずです。

 

ポイントは、ただ見るのではなく、知覚や論理が自分の中で増えているかどうかを意識しながら見る事です。もし意識していない方がいたなら、意識する事をきっかけに、一気に世界観の構築スピードが変わるはずです。

 

読解力を伸ばせたなら、読解力を及ばせる範囲を、作品(本とか映像とか絵)から、日常の様々なものに広げてゆきます。この際は、見るだけでなく、自分でそのものについて調べ、詳しくなってゆく事も必要になってきますが、好きなもの、惹かれたものについて調べるのですから、そこまで苦にもならないのではないかと思います。

 

そのように過ごしていれば、いつか、きっと気が付きます。「あ、自分は今後も人生楽しめるわ」という自信がついていることに。

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする