あなたは「本当の睡眠」を知っているか GABAの真髄

GABAとの再会

最近、ハライチのターンという、お笑い芸人のハライチが収録しているラジオのバックナンバーを聴きながら作業をしていて、GABAという名前が出てきました。皆さんも、お菓子売り場で一度は見た事があると思います。

このチョコレート、僕は中学校の頃に、ストレスも感じていないのに食べていた記憶がありました。以降、今まで食べなかったのですが、ハライチの岩井さんがラジオで言っていて思い出しました。岩井さん曰く「すげえ眠れる」だそうです。おそらく、岩井さんが食べたチョコレートはこのタイプだと思い、僕も今回、食べてみました。

 

と言うのも、僕はこのブログに上げる記事を夜に書く事が多いのですが、夜に文章を推敲(これでもしています)していると、目が冴えてきて深夜を回ってしまう事がよくあります。この記事も、夜の10時くらいから字を入れ始めています。そういうシーンで、このGABAは睡眠に導いてくれるのでは無いか、と考えました。

 

GABAは人の体にも元々存在する

GABAとは、実は人の体(神経周辺)にも存在する物質です。人の体の運動は、電気信号と化学物質の連携によってコントロールされており、その化学物質の一つがGABAです。人の筋肉は神経と連動しており、神経には興奮と脱興奮の2パターンの状態が存在します。GABAとは、興奮状態の神経を脱興奮状態にするために体が作る物質です。

 

つまり、GABAは、体をリラックス状態にしてくれる物質と言い換えられます。そして、これを体が出す量に加えて摂取することで、興奮状態をリラックス状態へシフトしてくれるものです。

 

小ネタを挟むと、農薬の中には、GABAに似せた物質(砂糖にとっての甘味料的なやつ)を高濃度にしたものもあります。これを害虫に散布、あるいは散布した植物を害虫が食すと、その害虫は過度なリラックス状態になり、体を動かせなくなります。

 

そういう科学的な背景を知っていたので、知らない成分名を出され、「アメリカの大学で・・」と説明されるようなサプリメント類とは異なり、GABAの効果は信用していました。

眠れる、と言うより目覚めが最高

このGABAチョコレートを食べてみて感じた事を3点挙げます。

  • 睡眠欲が湧いてくるわけでは無い
  • でも知らないうちに、眠っている
  • 起きたとき、目覚めが良すぎてびっくりする

特に3つ目に関しては本当に驚きでした。僕は他の人と比べると、朝に起きるのが得意な方ではありましたが、それでも寝起きは眠いモノだと思っていたのです。GABAを食べてからは、本当の快眠は目覚めがスッキリしているモノなんだ、と感じました。

 

もう少し具体的に言うと、朝一で起きたとき、人は、まぶたを重くて開けづらいモノだと思っていましたが、朝目覚めた途端、ぱっちり開けられるようになっており、この差には驚きでしたね。

 

GABAに感動し、GABAを探究の旅へ

それから、スーパーに買い物に行くたびに定期的にGABAチョコレートを買うようになっていたのですが、食べ続けているうちに、ちょっとした面倒があるように感じました。

 

それは、チョコレートである事です。食べ物、特に甘いモノですので、食べた後に歯磨きをしなければなりません。夕飯1時間後、フロスで歯間を掃除する習慣がある自分にとって、甘いモノでGABAを摂取するのは抵抗があります。

 

という事でチョコレート以外でGABAを摂取できるものを探しました。サプリなら水で流し込むだけですから良いのでしょうが、サプリはハズレだったときのショックが大きそうだったので、GABA入りのコーヒーを飲んでみることにしました。

こちらが今回飲んでみたコーヒー

GABAコーヒー、やはり目覚めスッキリ!

このGABAコーヒー、飲んだ次の日の目覚めはやはりスッキリです。また、カフェインレスなので眠りを妨げられることもなく、暖かい飲み物なので、眠る前に飲むとほっとできるのも良いと感じます。そして無糖の飲み物なので、歯磨きに対してもいつも通り望めます。

 

また、GABAを1ヶ月以上摂取してみて思うのは、ある日の目覚めが良い事で、その日の睡眠もよくなり、その次の日の目覚めも良くなりやすい、という事です。つまり、毎日の摂取が大事なのではなく(その人の毎日のストレス状態にもよるかも)バランスを整えたいタイミングで寝る前に摂れば良いと言う事です。

 

今回僕が買ったコーヒーは1週間分で1000円弱でしたが、毎日飲む必要が無いので、1日あたりのコストは50円より安くなります。これで「本当の快眠」が手に入ったので、個人的にはかなり安いです。

 

他の手法と合わせて使い、さらにストレスを削れる

僕は現在、「最高の体調」と言う本の内容からいくつか取り入れている健康法がありますが、そのうち2つが「発酵食品」と「マインドフルネス」です。これまでヨーグルトは日常的にとっていましたが、さらに納豆とキムチ、チーズ、味噌を食べるようにしました。

以前の記事でも、健康的な食事に関しては参考書籍と共に紹介していて、発酵食品の重要性は知っていましたが、この本は発酵食品の重要性を強調しています。そのせいか、今回はパッっと行動に移せるようになりました。そう言う意味で、いい本だなと感じます。
また、毎朝、マインドフルネスをするようにしました。これにより、数ヶ月前より明らかに体調が改善していますし、何より、生活リズムの中で習慣を変え、新たな手法を取り入れ改善してゆくスピードが早くなっていると実感しています。集中力が上がったせいか記事の作成スピードも1年前と比べかなり早いです。

 

それらも、良い目覚めがある事が一つの要因となって、結果として現れていると感じます。良い目覚め、快適な睡眠は、日中の様々な行動に良い変化をもたらしてくれていると感じます。

 

「最高の体調」は今年僕が読んだ本の中で一番おすすめしたい本で、また年内のどこかで紹介しようと思いますが、それよりもまず、GABAによる快眠生活をおすすめしたいです。

 

身近にあるものでは、スーパーやドラッグストアにあるGABAチョコレートを、紹介したコーヒーが気になる方は、コーヒーを、実際に生活に取り入れてみて、自分が「本当に」快適に眠れていたのか、実験してみてください。

今回ご紹介したコーヒーです↓


やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする