キャッシュレス族の最終防衛ラインの財布、LIFE POCKET Smart Wallet2を私見たっぷりにご紹介

※この記事はプロモーションを含みます

 

僕は現金をなるべく持ちたくない人間です。できることなら、Visaのタッチ決済ですべての決済を済ませたいと思っています。おそらく同じことを感じている同志は世の中、特に日本にはたくさんいるはずです。

 

しかし、依然として僕らキャッシュレス族の願いは叶わず、現金のみ、さらには、取り扱い可能な硬貨が限られているような駐車場もあります。つい先日、都内に車で行く機会があったのですが、そこでも現金のみの駐車場に車を停めました。都内ですら、です。

 

外を長時間出歩く際に、荷物をなるべく軽くしたいと考える人は多いはずです。「いつ使うかわからないから、持っていないと不安」というものを持つことは、僕を含め「削る」ことを好むタイプの人間には、どうにも歯がゆくストレスなのです。

 

一方で、持ち物の中に現金の受け皿があったほうが安心できるのは事実です。

 

僕の場合、普段からメモ帳やノートパッドような書くものをマチなしのサコッシュに入れて出歩くので、財布はさらに削りたいものです。そんな人間なので、一時期、自作のメモ帳カバー兼カードケースを持って出歩いていたくらいです。

自作のメモ帳・カードケース

しかし、現金を持たないことでかえって不便さを感じることが度々あり、財布が自分の持ち物リストに入るに至ります。

 

そんな削りたがりの自分も意外と満足している財布があり、最近はこれを多用しています。それが今回紹介する、LIFE POCKETのSmart Wallet2です。

 

小さな力持ち、LIFE POCKET

サムネにもなっていた財布が、今回ご紹介するLIFE POCKETのSmart Wallet2(以下、ブランド名ではありますが、LIFE POCKETと略します。)です。

この財布は、現金を持つことに抵抗があるキャッシュレス族に向けて作られていると感じさせられる財布です。

 

下の画像を見て分かる通り、小銭入れは最小限のスペースです。これをカードと重ならない位置に取り付け、カードを複数枚同じポケットに入れる構造を採用することによって、一般的な折りたたみ財布に比べて、厚みが削がれています。

当然、小銭入れの使い勝手は一般的なそれと比べて劣りますが、そもそも現金を使うことが最終手段であり、小銭の発生は、さらにその頂点に君臨する最終手段です。しかも、駐車場や食券などの料金はキリが良い数字のことが多く、基本的に五十円以下の硬貨が入ることはまれです。

 

そういうわけで小銭を入れるスペースは、現金決済を煙たがる人間にとっては、むしろこの程度で良いのです。

 

LIFE POCKETは、この小さく薄い体躯で、僕らの限界現金生活を支えてくれる、そんな小さな力持ちなのです。

 

せわしくない、LIFE POCKET

コンパクト財布がクラウドファウンディングサイトで流行っている現在、コンパクト財布を選ぶにしても、選択肢は豊富です。

 

そんな中、なぜ僕がこの財布を気に入ったかというと、この財布は、持ち替えをほとんど必要としないためです。

 

コンパクト財布をいろいろ調べているとわかると思いますが、基本的にコンパクト財布を持つと、横に持ち、それを縦に持ち替えたり、と、ギミックがある分、手を動かす工数は増える傾向にあります。

 

しかし、LIFE POCKETはその手間を省いてくれます。一般的な二つ折り財布と同様の持ち方で済み、しかも、札入れが片方全開ですので、取り扱いでいうと、一般的なものより簡単なくらいです。

小銭の取り扱いは一般的なものと比べて面倒ですが、先述の通り、小銭の扱いは奥の手の、さらに奥の手です。キャッシュレス族の我々は、そもそもこの機能を退化させたいわけですから、ごくわずかな機能性で十分なのです。

 

むしろ小銭の扱いですら、持ち替えなどの工数をあまり必要としない点で、LIFE POCKETのデザインは他より優れていると言ってもよいと感じます。

 

LIFE POCKETは、財布を持ち替える工数から僕らを開放し、会計に余裕をもたせてくれる財布でもあるのです。

 

想定外の使い勝手、LIFE POCKET

以上が、僕がこの財布を自分の持ち物に選んだ理由ですが、それ以外にも、使ってみて便利だと感じるポイントがあるので、それをご紹介します。

 

1つ目のポイントは、ファスナーで閉めることです。小銭入れにボタンがついていないため、小銭入れを閉めるためにはファスナーを使う必要がありますが、このファスナーが二つ折り財布特有の型崩れを防いでくれます。ポケットに入れても型崩れはほぼしないでしょう。荷物を少なくしたい人間にとって、これはありがたいです。

 

2つ目のポイントは外側のポケットです。美容院の会員証や診察券など、その日必要で、パッと出せるように準備したいものを外ポケット入れておくと、焦らずにすぐ出せて便利です。レシートや領収証を会計の終わりがけにもらった場合でも、折りたたんでこのポケットに入れられるので、意外とあると便利でした。

使ってみてこそわかる、人に伝えたい使い勝手です。

 

威厳はない、LIFE POCKET

これまでは良い面ばかりを挙げてきましたが、もちろん、微妙な面もあります。

 

まず革質ですが、11,000円という価格のため、さすがに2万〜の牛革財布や3万〜のコードバン財布などと比べると、革質では負けます。これまでその手の財布を使っていた人は、はじめ、少々物足りなさを感じるかもしれません。

 

ただ、革質が財布選びにとって上位の判断材料に来る人間は、そもそもキャッシュレス族にはあまり多くないと思いますので、短所というほどではないかもしれません。

 

もう一点、それは威厳があまりないことです。

 

スーツから取り出してお会計・・という際に、この財布が出てきたら、少々カジュアルに寄り過ぎかな・・・と個人的に感じます。

 

仮に僕が百貨店の財布売場のスタッフならば、シャツやスラックス、ジャケットをコーディネートに多用するようなタイプの方には、あまりこの財布を勧めたくないです。もちろん、普段からドレス寄りの落ち着いた格好をされる方は、そもそもこの財布を好まない可能性もありますけれど。

 

実は「忘れない」財布、LIFE POCKET

これまでは、財布としての機能をお話してきましたが、実はこの財布が「LIFE POCKET」と呼ばれるのは、自分の手から一定距離離れたときに、自動的に通知され、財布の紛失を防止できることに由来します。

製品ページより

別売りのMaMORIOと呼ばれる小さなチップを財布と同時に購入し、それを財布に差し込んでおき、チップをスマホの専用アプリとBluetooth接続させることで、スマホから一定以上離れてしまった場合、スマホに通知が入る仕組みです。

 

僕は(酒をほとんど飲まないので)その機能を使うことがないだろうと思い、チップは買いませんでしたが、盗難などにも場合によっては対応可能ですし、そういった心配がある方には、最高の選択肢としてLIFE POCKETをおすすめしたいです。

 

長々と書き連ねてきましたが、もしご興味があれば、こちらから、LIFE POCKET、ご購入ください!

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

商品名:LIFE POCKET Smart Wallet2

価格:11,000円(財布・MaMORIOセット)

色:6色展開

製品ページより

 

 

 

 

制作:∃1 production

提供:あたまのなかのユニバース

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする