オーストラリア・ケアンズ旅行紀④  帰国失敗・帰国編

に続いて、オーストラリア・ケアンズ旅行紀、最後の第4回目を書きます。

 

※今回はただの失敗談と、「無駄な時間をいかに有意義に過ごすか」というヒントを書いた記事です。オーストラリアの名所などの話はありません。

 

11/12〜13 帰国・ミス・帰国

さて、11/9から始まったケアンズ旅行も12日デ終わり。11日に、「何時に空港に着きたいの?」と言われたので、フライト2時間前の10時半前を指定したのが、そもそもの間違いでした。

 

チェックインは、9時15分から始まっていたのでした・・笑 そうとは知らず、僕らは、一本遅い関西空港へのフライトの行列に並んでしまい、カウンターに着いた時には「Finish.」と言われました。

 

弟は、大げさではなく本当に、「やべー」と頭を抱えて動きました。本当にやばい時って、本当にこういう行動するんだな、とちょっと冷静に見てしまいました。

 

とりあえずサービスカウンターに行って、次の関西空港の便に空きがあるのかを聞きましたが、「No. Filled. Only tomorrow’s same time available.」と言われ、仕方なく、13日の同時刻の便にずらしてもらうことにしました。

 

「See you again.(いたずらっぽい笑顔)」とサービスカウンターの方が笑顔で挨拶してくれたのは、ちょっと心が救われました笑

 

空港に野宿のつもりが空港、16時に閉まる笑

弟と「空港で乗り継ぎを待つフリを決め込む」を結構しようとしましたが、とりあえず暇です。

 

弟がFP(ファイナンシャルプランナー)の問題集を持ってきていたので、二人で「一つの出題分野を一人づつ、一気に記憶してどっちが多く正解できるか?ゲーム」をしました。

 

弟は、これは時間を潰せるし、しかも資格試験の勉強を高速で終わらせられる!と意気込んでいましたが、一つが終わった頃に、空港内の掃除のおばちゃんに「何してるの、もう閉まるから」と言われ、外に出ることに。

 

幸運のウミガメはなんだったんだ・・・。

 

Airbnbじゃなきゃ遅れなかったが、Airbnbだったから対処できた

というわけで、野宿とも行かないので、Airbnbのホストへ連絡し、もう一泊泊めてもらうことに。本当にこういうところまで、感謝しかありません。

 

「What’s happened for you!?」と、迎えに来てくれ、開口一番でホストに聞かれ、その陽気さにちょっとこちらも心が安心しました。

 

家(自分の家ではないが笑)に着いて、明日は9時に空港に着くようお願いし、ホストの家の近所にあるマクドナルドで夕飯を済ませ、さっさと寝ました。

 

が、肩と背中の日焼けが痛過ぎて3時くらいに起きちゃったので、今回の4つの記事を書くために感想をまとめ、眠くなったので、再度寝ました。

 

そして無事、13日はチェックインを済ませ、日本へ帰国しました。

IMG_1314
弟撮影。飛行機から見た景色

 

トータルではいい思い出

結構アグレッシブな旅行でしたし、失敗もしましたし、それに伴い余計な費用もかかりましたが、それでもツアーより安かったと思えば良いし、経験を積めたのは良かったと思います。

 

今回、失敗はしたものの、ツアーよりも自分はこっちの方が旅行のスタイルとしては向いているなと感じました。今後も、Airbnbで海外旅行は楽しんでいこうと思います。

 

最終目的はイタリア・ナポリでの長期滞在です。でも、弟と飽きもせず、「次はアメリカ?」的な話をしているので、次はアメリカかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする