オーストラリア・ケアンズ旅行紀② フィッツロイ島編

前回のグリーン島に引き続き、日記を書き残してゆきます。

 

11/10日は、フィッツロイ島にてSUPとシュノーケル

とりあえず、ホストに予約しておいてもらったので、朝8:00にチェックインをしなければ、と昨日と同じ、ターミナルへ向かいました。

 

ところが、7時50分になっても、スタッフは現れません。間違ってるのかとも思いましたが、カウンターの名前を間違えていないし、おかしい・・。と弟と話していたら、ようやく8時になって、スタッフがヘルメット持ってカウンターの中に入ってゆくではありませんか。

 

「Please wait more 5 minutes.」と言われましたが、「遅刻かよ笑 そして、自由かよ笑」と、弟と突っ込んでしまいました。他のスタッフとの空気が悪くなっている感じもないし、そう言うとこ、アバウトでいいなぁと思っちゃいました。

 

昨日もそうだったのですが、船に乗る時間も、基本30分くらい遅れますし、開始時間に関してはすごくルーズなようです。

 

さて、本日は、朝から早速SUP。

IMG_1399

なんと、ウミガメを発見したのですが、残念、iPhoneが間に合いませんでした。

 

上の写真の左腕に付けているホルダーのなかに入っていたのですが、まじまじ本物を見るのに時間を忘れ、つい撮るのを忘れました。圧倒的準備不足でしたね。

 

フィッツロイ島でSUPするなら、いつでもカメラで取れるようにしておいてください!

 

以降、昼過ぎまで他の人との交代を経ながら探しましたが、ウミガメには出会えませんでした。くっそー・・。

 

昼頃、ほとんどの人がお昼で海に入っていないとき、小さい子が見つけたようです。僕が朝一番乗りでSUPを使ったので、まだ海に人がいなかったから、水面までウミガメはいたのでしょう。狙いは人が少ないときか!

 

ちなみに、昨日のグリーン島の日記にも記載しましたが、シュノーケルは本当にグリーン島がオススメです。フィッツロイの海は、シュノーケルをしても魚がすぐ逃げるし、サンゴがほとんどないのでシュノーケルは面白くありません。

 

 

ただ、人がいなくなると魚は戻ってきまして、ふらふらと回遊している姿を見せてくれます。

IMG_1411.JPG
弟撮影 フィッツロイ船乗り場にてズーム撮影

この写真を友人に見せたとき、「水中カメラ?」と聞かれましたが、これは、写真のズームです。つまり、目でこれだけ魚が見えると言うことです。もちろん、グリーン島もですがね!

 

さて、本日も街に帰り、スーパーに寄ります。

IMG_1432.JPG

にしても、広いんですよね〜。それから、電柱がないって、街が綺麗に見えていいなと感じました。家屋の高さも基本低いですし、何か規則があるのか、単純に広い国土のため、一人当たりの土地単価が安いのか。

 

まぁ、こういうスッキリしたいい街並みです。

 

ルイヴィトンも、なんか街に溶け込んでいて面白いですよね。一応、免税店で、グッチとかも入っているいわゆるデパートなのですが、デパートに見えないんですよね笑

EXtzq3jaTXe8M75vD57KaQ.jpg

 

 

さてスーパーで買い物。僕らは都合上、3泊の予定でしたので、ロットが多い食材をなかなか買えません。本来なら・・

stJst42Rk6fqyUkSAsETw.jpg

これくらい買えたら食事も豪華でお得なんでしょうが。

 

というわけで、本日と明日はホットドッグです。野菜が取れない分は、同じくバナナなど果物です。

lxq7PvlJRyqvAqr48HSvzg

このソーセージ、ハーブの香りがあるし、ボリューミーだし柔らかいし、最高でしたね。一袋のロットが多いので値段も高く見えがちですが、調理をして分けて考えると、一個あたりは安くすみます。

 

長い滞在になればなるほど、上の写真の人のようにたくさん買って、いい食事をより安く食べられますね。実際、別のゲストさんの話を聞くと長期滞在されているそうですが、朝から晩までしっかりご飯を調理して食べられています。

 

こう言うちょっとした交流や生活を覗けるのは、Airbnbならではだなと感じます。

 

さて、こんな感じで、2泊目は過ぎてゆきました。

 

ちなみに、この日の夜から強烈に日焼けが痛み始めたのと、隣の部屋のゲストの青年たち(一緒の車で空港から乗ってきた人たち)が騒ぐのが合間って、あんまり寝れなくなりました笑  騒ぐのはいいとしても、肩の日焼けは痛過ぎましたね。

 

次回、キュランダ編はこちら

 

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする