1次試験終了とか欅とか乃木坂とか

試験勉強でブログ記事は停滞?笑

ちょうど1ヶ月ぶりの更新です。随分と間隔を開けるようになったものです。今月頭に資格試験があったのでこの1ヶ月は更新を怠っていたってことにしておきます。

 

そんな中小企業診断士の1次試験ですが、採点してみたところ通過しているようです!よかった〜。弊ブログでも何度か勉強法をまとめたりしていましたが、やっぱり過去問を繰り返して解いていたことが大きかったですね。

 

「基礎の基礎が怖いってことを、今日何度も言っておきます」とは、大学受験の古文でおなじみマドンナさんの言葉ですが、基礎の基礎が大切なことがよくわかりました。

 

2次試験は約2ヶ月後です。2次試験のために勉強というか、資格取ったとしても永遠に勉強し続ける必要があるし、そういう世界を好んで足を踏み入れているわけなので勉強は苦にならないですが、やっぱり試験という白黒つけられるものに対してはこちらもカリカリします。

 

とりあえず、早く楽になりたいです。試験の全ての工程を終えるのはなんとクリスマス。全行程の合格がその日に得られるように、引き続き学習に精を出してゆきます(つまり、更新は減る)。

 

欅共和国にて、原田葵復活

毎年恒例のライブ「欅共和国」の模様が、先日の欅坂46の冠番組「欅って、かけない?」で、放送されました。そのライブ中、学業で仕事を休業していた原田葵が戻ってきて、ファンとして、感動してしまいました。

 

2期生が加入してきて、1期生の雰囲気もいい感じに変わってきている欅坂ですが、その上メンバーが戻ってきてくれるのは嬉しい限りです。

2019-08-11 8.16.08うん、グッときちゃいましたね笑

 

志田、米谷、今泉、そして、長濱と、1期生メンバーが減っていた中で、もしかしたら、原田もそのまま戻ってこないかな・・なんて思っていた次の日に見たので、なお感動しました。恒例の小学生ネタは中学生ネタに変わっていました笑

2019-08-11 8.16.14

2019-08-11 8.16.17

なんと微笑ましい・・。明るい気持ちになりました。来年は欅共和国に、参戦する方になりたいな〜と思います。

 

乃木坂、新体制!

4期生が加入したと思ったら、早速4期生が選抜、しかもセンターと両脇を固めるフォーメーション。乃木坂の配置は相変わらず強気ですね〜。

 

2019-07-15 14.33.40

前列の真ん中3人が、加入から1年も経たない4期生です。左から、賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめ です。

 

このフォーメーションにおいて重要なところは2点あると考えています。まず1点目ですが、4期生の両脇を守るメンバーが、次世代の齋藤、堀であるということです。乃木坂は、たとえセンターで新人を起用し挑戦をしようとも、前列の両脇は1期生エースの白石、西野(既卒)、生田など、1期生の人気メンバーで固めていました。

 

今回、その白石たちの役割を、斎藤飛鳥(前列右端)、堀未央奈(前列左端)に任せており、1期生が中後列に下がったのが大きなポイントだと思っています(齋藤は1期生だが)。乃木坂は、3期生が乗ってきているとはいえ、知名度が白石、齋藤に偏り、次を育て切らない現状があります。

2019-08-11 9.06.03

いや、すっとぼけてんじゃねーよ

 

白石卒業後、グループのマグネット(ファンを引きつけておく力)が減ることを見越すと、次の力をつけておかなければならないと考えているのでしょう。また、齋藤飛鳥卒業までにはその次の大きな柱を育てる必要もあります。

 

ゆえに、今から白石脱退後のために、次の世代とさらに次の世代として4期生をプッシュしなければなりません。

 

その柱に関して、もう1点のポイントは、後列のセンターを3期生の久保史緒里が務めているところです。このポジションは前列、中列の側面と同様、ダンスシーンがよく抜かれることで有名です。後列でありながら、ダンスの動きの中で、ポジションがセンターと反転する可能性もあるポジションで、後列でありながら優遇されたポジションとされています。

 

こう思うと、もしかしたら、乃木坂は、久保を3期生のエースにしようとしているのかもしれません。

 

確かに、3期生で早めに人気が出た梅澤、山下、与田の3人は今のところエースっぽくはないですからね(その立場に立てば、なり得るものかもしれないが)。4期生の活躍、久保の動きには今後に注目です!

 

今回はこんな感じで〜。さらば

 

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする