リアル・サイレントマイノリティー

おひさしぶりです。最近の記事をご覧のかたはお気づきかもしれませんが、以前の記事と違って、最近はトリッキーなタイトルにしています。このタイトルは、「この一つの記事が冊子になったら」というスタンスでつけています。

 

意味不明な名付けには、僕の個性が出るかな、なんて思うんです。個性を意識した理由は、ここ最近のSEO(検索エンジン最適化)につまらなさを感じているからです。

 

SEOと言うのは、例えばGoogleで誰かが何かを検索したとき、検索結果に自分の記事が載りやすくするよう仕掛けることです。

 

試しに「クルトガ マーケティング」で調べてみてください。弊ブログの記事が出てきます。こんなワードで調べる人は珍しいですがね笑

スクリーンショット 2019-12-18 21.14.42.png

「クルトガ マーケティング」で調べた場合は、僕の記事が最もクルトガのマーケティングについて調べている、とGoogleの検索は今のところお考えのようです。何と、公式サイトより上位。ありがたや。

 

上に関しては三つの記事の名前にそれぞれ違いがありますが、「伊豆 観光」と調べてみてください。ほぼ同じようなサイトが検索結果で出てくることでしょう。なぜか。Googleの検索システムの仕組みでは、「具体的」で「タイトルを見ただけで内容もわかる」ような記事が求められているからです。わかりやすいですからね。

 

でも、そのせいで記事の内容がほとんど同じって、せっかく無尽蔵に書き殴って遊べる大海原なのにもったいなくないか?と思いました。そこで、クルトガの記事のような具体的なタイトルではなく、曲名とか絵画の題みたいな、抽象的なタイトルを書こう、と思った次第です。

 

そんなタイトルで書いたって、誰も検索できないじゃないか、と思いますか?今、ここまで読んでくださっている貴君が。

 

そう、わかりにくいタイトルシリーズの記事は、このブログのリピーターさんや、クルトガとかの記事からやってきた一見さんに見てもらって、それで興味を持ってもらうためのものです。検索されようなんて、思っていません。

 

検索システムに頭を下げるセールスマン達(彼らは彼らですごい。おそらくブログだけで食べて行ける人たちだ。)がたくさんいる中で、僕の記事は、黙々としている、物言わぬ少数派(サイレントマイノリティー)なのです。

 

でも、芸術作品とか、小説とかもそうじゃないですか。唯一無二。仕事だってそうです。コンサルのリサーチだって、ただ誰でも調べればわかるようなデータだけを持ってくのではありません。頭を絞って手段を工夫し、手に入らないようなデータを集め、個人の洞察を添える。これは、その人その人の個性からしか生まれない仕事です。

 

せっかくの弱小ブログ(とはいえ、Web上の全ブログのうち、上位20パーセントには入っているが)ですから、そっちに振り切るのもありだと、そう思いました。

 

なんつって。今回のタイトルは元ネタアリですけどね。まぁ今後オリジナルもたくさん作ってゆきます。

 

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする