ルームシェアを3ヶ月してみて ルームシェアのメリット・デメリット

いろんな記事で触れていますが、現在、僕は友人とルームシェアをしています。関東だから家賃が高いとかではなく、どこで住んでいようとも一人暮らしとは高いものだと感じます。それは僕の友人も同じで、食費、光熱費、住居費などを半分にできるという大きなメリットによって、僕らはルームシェアを10月中旬から始めたのです。

 

今回は、実際にルームシェアをやってみてのメリット、デメリットに関してまとめようと思います。まずは、メリットからお話ししようと思います。

 

ルームシェアのメリットは?

まずは、コスト削減です。都内に近い物件でスーパーまで徒歩5分、駅まで自転車で5分と住みやすい物件が月34000円(一人あたり)です。食費も共同なので毎月一人10000円で済んでいますし、光熱費も一人暮らしの半分です。こう思うと、一人暮らしがいかに効率が悪いかがわかります。

 

次に、話し相手がいるということです。上のコストに関してはルームシェアを始める前からわかっていたことですが、これはルームシェアを始めた後に気が付いたことです。案外、話し相手がいることは重要です。気持ちの揺らぎや、共感して欲しいことがあったとき、その話をメッセージではなく実際に話して共有できる人がいるのは、結構嬉しかったりします。

 

個人的に、これはコストと同じくらいに重要な点でした。僕は用がないときはメッセージを他人には送らない性格(他人からのそういうメッセージには返信するが)なので、言葉にする相手が身近にいない限り、それを発せずに心の中に閉まってしまいがちです。気持ちや言葉のはけ口があると、精神衛生上いいのだと知りました。一人が好きだと思っていましたが、意外と人と話すことも好きなようです。

 

また、身近に人がいると、相手がいないと成り立たないものもできます。僕のルームメイトはボードゲームが好きで、うちにもボードゲームの棚があります。この前はそのルームメイトが持っていた昔の遊戯王で遊びました。これが結構ハマるんです。しかも、ルームメイトの友人もボードゲーム好きで、それに混ぜてもらえたりもします。これも楽しいです。こういう対人でなければできないことができるのも、ルームシェアの良いところだと思います。

IMG_1675-1895240233-1547986129560.jpg

 

デメリットは?

デメリットをお話します。ただ、今の所僕自身がルームシェアの不便さをほとんど感じていないので、「こういう人には向かなさそう」ということを挙げてみようと思います。

 

まず、一緒に暮らすとなると、価値観の違いはもろに見えます。僕はものを持たないことを是とし、友人はものを沢山持ち、使い分けることを是とします。共有でものを買うか買わないかを考える際に、お金を半分だすか、出さないか、などの議論は普通に起こります。「道具大好きか」と、僕はよく言います。逆に、「非協力的かよ」とも言われます笑 ちなみにこのやりとりは、結局工夫でなんとかなりましたので、「買わなくてもいい」という結論に至りました。

 

こんな感じに、お金が絡む価値観の違いには建設的に対処できなければなりません。この時、個人の感情(要は贅沢)でそれが欲しいか、機能的に欲しいかで結構対処が変わってきますし、ものを買うときに何を重要視するかは人によっても違います。

 

僕はハンドドリップでコーヒーを淹れますが、ルームメイトは豆代を共有にしてくれません。しかし、まぁまぁの頻度で淹れて置いておいたコーヒーを飲みやがります笑 コーヒー自体は機能的にというよりは贅沢品としてお金を使っているところがあり、共同にするほどでもないなぁ、など、結構曖昧なところを譲ってしまいます。譲り合えればいいのですが、相手が非常に厚かましいやつなので、ほとんどの場合、僕が譲っていますが笑

 

生活リズムや食に関する考え方なども、相手に合わせることが必要になります。生活リズムに関しては互いに制約ができますので、一人暮らしに比べて不自由になりやすいと思います。結婚を考えるときも、食の趣向は合っていた方がいいというくらいですから、食文化は結構重要です。

 

仕事に関していうなら、職場へのアクセスが平等な物件を探すことも結構重要です。通勤時間ほど無駄な時間消費はないのではないか(もちろん有効活用はできるが)と思いますが、このストレスは半分ずつにできた方がいいし、これのせいで物件を探すのにまぁまぁ苦労するのではないかと思います。

 

また、これはデメリットとは言わないかもと思いましたが、お互いのプライベート空間は絶対必要だと思います。今の住居は下の図のような間取りになっており、ちょうど同じ大きさの2部屋を一人ずつ使っています。これがなかったら、ルームシェアはしていませんし、仮にプライベート空間がなかったら多分僕らは両方病んでいます。

2019-01-20-17.26.56.png
筆者の家の簡単な間取り。

 

まとめ

他にも、人によって初めてから気になるようになり出すことなど、色々あるかもしれませんが、それを上回るメリットがあると思うのなら、ルームシェアは超おすすめです。

 

もし一人暮らしの友人がいて、ルームシェアに好意的ならば、ぜひやってみてはどうでしょうか。毎日楽しいですよ!

 

 

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする