最近あった、面白かったこと

試験が終わって以降、全く欅坂46の冠番組を見なくなりました。最近は衣装が9枚目のものに変わったらしく、いよいよ新たなステージか、と思います。そうです、テレビをチェックしなくはなりましたが、まだまだ欅坂のことは好きです。

 

まず、その欅坂の話をしなければ。したいしたいと思っていたのに、時間を置いてしまいました。

魔曲「不協和音」の解禁と欅坂46の決意

なんと言っても、東京ドームライブでの「不協和音」解禁です。

 

欅坂を多くの人が知るきっかけになった曲ではないでしょうか。紅白で、3人が過呼吸で倒れた、あの曲です。センターの平手がこの曲を演じるのは、どうやら紅白以来だそうです。2年近くぶりになるということになります。

 

毎週チェックすることはなくなりましたが、このライブを特集する回だけは、冠番組でチェックしました。

スクリーンショット 2019-10-29 17.18.08.png

そう、想像していませんでした。

 

センターの平手は、曲の詞や雰囲気に入り込む人物です。強すぎるとも取れる歌詞の不協和音を表現する際は、体も世界に入り込んでしまうようです。それで体を酷使し、壊してしまうのだとか。

 

故に、不協和音は平手センターで表に出ることは無くなっていましたし、ファンもそれを仕方がないことだと思っていました。

 

それがどうしたことか。このライブでは、アンコールで不協和音が流れました。夢の東京ドームだから特別に、ということもあるかもしれません。たまたま平手の調子が合ったのかもしれません。

 

でも、他でもない「この時期」に、あえて封印された曲を解いたと僕含め感じている人もいるのではないでしょうか。この不協和音は、欅坂46の、これからへの決意のようなものであると。

 

以前の記事でまとめたように、欅坂は2期生の加入と同時に全員選抜制から選抜制に変更されました。メンバーにも差が生まれ、当事者は勿論でしょうが、ファン界隈も不安定な状況になっていました。それ故、ファンの中には、納得いかない人も多いと考えられます。

 

だから、欅坂は「自分たちは、これからも想像のガラスを割ってゆく。」という、ある種の意思表示を、行動で示したのかもしれません。

 

メンバーのブログをチェックすることはしてはいませんが、おそらく、選抜制に関する考えを書いた人もいたでしょう。とはいえどんな言葉よりも、この不協和音こそが、ファンに欅坂の決意を感じさせるものと思いました。

 

ひょっとしたら、彼女らや運営側の人達も、同じことを考えたのかもしれません。

 

欅坂46はもう大丈夫だ。・・・お願いだから、みんな卒業しないでくれよ・・・笑

 

小説「楽園のカンヴァス」で絵画に目覚める

前述の通り、試験が終わったので、しばらく勉強そっちのけで、小説を読んでいるこの頃です。今回読んだのは「楽園のカンヴァス」と、「夜行観覧車」です。前者は、自分だったら絶対読まなさそう、と思って、買い、後者は面白かったと勧めてもらった本です。

 

今回は楽園のカンヴァスについて「面白かったー」という感想を書き連ねます。

 

とにかく、読んだら絵画に興味持ちました。絵画の世界は「構図が、色彩が」など理論的な話があり敷居が高い印象があります。美術や芸術論では大概、新約聖書を題材にした絵に関して行なわれます。正直眠くなります。だからこそ、絶対に普段立ち入らない世界だから、そういう小説を読もうと思って読みました。

 

この本で僕が知ったことは、「名画には名画たり得る理由がある」こと、「名画の理由は、構図や色彩だけでは測れない」ことです。また、この作品を読んでいた際、知人の絵画に対する考えが頭をよぎったので、それに対する自分なりの意見も合わせて感想を書いてゆこうと思います。

 

上の二つの知識をを合わせると、次のように言えると思います。「名画は、その「生い立ち」を知る人にとっては名画たり得る」です。名画には名画と言われる理由はある。でも、その理由を理解しないと名画を名画とは知覚できない。

 

ここで疑問に思いました。では、名画が名画たり得る理由は、何か。それに対する現時点での見解は、こうです。『それは時代によって、様々。構図や細かな描写、色彩が重要視された時代もある。そう言う価値観をぶっ壊す時代もあって、その時代においては、「情熱」「動機」などによる表現が重視された。』

 

楽園のカンヴァス(以下、本書と略す)は、ピカソの時代を描写しています。お気づきかも知れませんが、上で述べた「そう言う価値観をぶっ壊す時代」と言うのは、ピカソの時代です。それで、その時代の絵には、構図とかそんなもの微塵もない。裏を返すと、新しい。

 

そんな時代を切り取った本書を読んだから、絵に対する動機やエピソードが絵を名画たり得るものにするのだと、僕は本を読み終えた当初は思いました。しかし、それでは何か足りないとも思いました。

 

そこで思ったのが聖書を題材にした絵や肖像画です。本書に描写されたピカソの時代以前の時代に書かれた、聖書のシーンを絵画にした「受胎告知」「最後の晩餐」などや、有名な肖像画の「モナリザ」の時代は、構図や色彩や繊細なタッチが重視され、それらが、絵を名画に仕立て上げたとも思いました。カンヴァス自体の大きさもあるかも知れません。

 

つまり、絵が書かれた時代によって、その絵の素晴らしさを評価するポイントは違うと言うことです。

 

知人は「美術館で絵の構図がどうとか言って、その絵を素晴らしいと評する蘊蓄野郎はどうなんだ」というようなことを言っていました。また、「絵は、その絵を見る人が自分の感性に従って好き嫌いを判断すればいい」とも言っていました。

 

これを聞いた当初は、絵の世界には興味もなく「ああ、そうかもね」なんて生返事をしたものでしたが、今思うのは、好き嫌いの判断しか持たずに絵画を見るのは勿体無いと言うことです(知人がどれほど絵に詳しかったかはわかりません。感性だけで見ていたとも限りません)。

 

色々書き連ねてきましたが、僕の感想は、時代背景(戦争の時代のゲルニカなど)も、絵の知識(構図、色彩)も、絵に対するエピソード(作者の人物像など)も、知った上で、向き合いたい、と言うところでしょうか。もちろん、感性の目も、大切に育んでいきたいと思います。

 

このように僕の絵に対する価値観を一変させるほど、本書は絵画にまつわるエピソードや時代背景をしっかり描写してくれており、また、その世界に読者をどっぷりと引き込みます。読み終わった後、本の世界から現実に戻ってくるのに一夜必要でした笑 きっと題材になった絵を実物で見たら、僕はその絵の経緯や本書を思い出して「名画だな」と思うのでしょう。

 

だから、絵に対して感性で好き嫌いを言うのも良いのですが、本書にどっぷりハマってしまった僕から申し上げると、「やっぱり、絵を評価するのに自分の好き嫌いだけじゃ足らない」という結論に至りました。

 

そう言うわけで、まずはこの本で登場したピカソはじめ、「前衛芸術」なんて言われるものについて詳しく調べ始めています。そのことについて、感じたことがあったら、また記事にして書き残そうと思います。ではまた。

 

 

 

 

 

やてん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする